留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--語学学校案内--ユーラーン

ユーラーンは、ダブリン中心部の都市公園の目の前にある比較的小さな学校で、歴史があり、料金は安く、雰囲気もアットホームです。

ユー・ラーン (イングリッシュ・スクール・ダブリン)
ULearn English School Dublin

政府認可校 + MEI加盟校 +  ILEPプログラム有

<学校説明>

右の黒いドアが学校入口
レセプションエリア
窓に面した教室で授業が終わった所
ラウンジエリア

ダブリン北部の港町、マラハイドで1988年に創業し、2006年にダブリン中心部に移転して今に至る、ダブリンでも古く歴史ある学校です。現在の学校は、ダブリンを代表する都市公園である、セント・スティーヴンズ・グリーンにほど近い通りにあります。現在の学校の特徴は、高品質で、比較的小規模、かつ低価格を実現させています。教室数は9室で、夏期の繁忙期は近所のビルを借りて追加で使います。コースは一般英語がベースで、試験準備コースは一部が午後、一部は夕方の追加コースとなっています。滞在はホームステイとアパートメントが選べます。校名のユーラーンは、あなたが学ぶという意味の、You learn が起源です。

<訪問後の感想>

2015年に、公園に面した所から、徒歩1分の別のビルに移転しましたので、移転した新しい学校を訪問しました。道路を挟んで事務所と校舎とが分かれており、校舎は下がニュースエージェントというビルです。このあたりは比較的静かで、大都市にいる感じがしませんが、徒歩数分で、ダブリン最大の繁華街という好立地です。学校は意外と目立たず、印象も地味ですが、一歩中に入れば明るく爽やかで、アットホームな感じがしました。老舗校だけあって、経営者は学校経営のノウハウも十分で、短時間の面談でこちらの知りたいことが全てスムーズに聞き出せました。日本人はこのところ、学校に2〜3名程度と、比較的少ないです。昔と違って、ダブリン都心部で手ごろな料金の小規模で質の高い学校を探すのは、簡単ではありませんが、こんな目立つ場所にちゃんとあった、そんな印象の学校です。

<留学体験者のコメント>

=その2=

 私はULearn English Schoolに約5ヶ月間在学しました。入学初日に会話と筆記テストを行い、その点数で次の日から入るクラスが決まるのですが、クラスに所属してからは4週間毎に(留学事情や英語レベルによってはこの限りではないようですが)上のクラスへ上がるためのテストを受けられます。もし入ったクラスが自分のレベルより高いなと思えば、下のクラスに移動することも可能です。
 授業は基本的にプリントと板書で進められ、先生と生徒、生徒同士などで会話する機会が多い授業体系でした。またどのクラスでもライティング・リーディング・リスニング・スピーキング、グラマー、これら全てを勉強することができますが、入るクラスによって重視される科目は変わり、生徒のレベルに合わせたカリキュラムになっていると感じました。先生たちは全員同じレベルという訳ではありませんが、教育に情熱を持った親切な先生が多く在籍していました。各クラス担任の先生も、1.5ヶ月程度のスパンで交代していくので、このクラスになったらずっとこの先生、という体制ではありません。他校の友人からは、長期留学だけど合わない先生がずっと担任で苦労した、という話も聞きましたので、こういったシステムも魅力かと思います。
 またダブリンには沢山の低価格校がありますが、ULearnはそういった格安校と比べると少し学費が高めです。しかしその金額設定の影響もあってか、先生の質が比較的高く、そしてただビザを維持するためだけに在学しているような留学生も少なかったかな思います。留学生の国籍比率は幅広く、韓国・インド・ロシア・ブラジル・モンゴル・トルコ・スペインなど、全てあげたらキリがないほど沢山の国の人と出会えますし、その中にはキャリアを中断してスキルアップのために学びに来る社会人も大勢います。学ぶ意思が強い人が多いため、留学中しっかり英語を学びたい人には、とても良い環境を与えてくれる学校です。
 学校の立地も繁華街に近く、放課後のランチや買い物、ナイトライフ全般にも困りません。学校のアクティビティとしても、近郊の博物館や美術館にグループで出掛けたり、少し足を伸ばして有名な観光地に出掛けたり、学校のベースメントで交流イベントが開かれたりなど、様々な催しがあります。これらアクティビティでは、入場料のかかる施設や交通費がかかるところに行く場合、お金が徴収されますが、余計な上乗せはありません。また基本的には無料で楽しめるイベントも多いので、入学したら是非参加してみてください。
 学校について気になる点があるとすれば、校舎が小さめな点です。教室もあまり大きくないので、タイミングによっては留学生がかなり増え、イスの数がギリギリ、なんてこともありました。逆にいえば、先生と生徒の距離が近いので、放っておかれることがなく、しっかり勉強しようという気になるとも言えます。この学校は全体的に堅実で、学生のことをしっかり考えてくれていましたし、勉強以外の相談事にも真摯に対応してくれるスタッフが多くいるので、勉強と生活を両立した留学生活を送るのにぴったりだと思います。
 最後に、ニチアイ高木様・今泉様には留学前から何度も質問に答えていただいたり、私個人では気付かなかったような点までアドバイスしていただき、本当に有り難かったです。ニチアイ様辿り着くまでに数社留学エージェントを当たりましたが、抱き合わせで英会話アプリの購入を勧められたり、アイルランドのことをよく知らないスタッフからとても高い学校を勧められたり、少し辟易していました。ニチアイ様では仲介手数料なども発生せず、且つ現地法人だからこそ知る細かな点まで親切にサポートしていただけて、大変感謝しております。また次がありましたら、ニチアイ様を通してULearnに留学したいと思います。
(26歳・女性。2019年11月〜2020年3月に19週間)

=その1=

 ダブリンにあるULearn English schoolへ 8週間通いました。コースはA1〜C1の全6クラスで毎週金曜にテストがありました。授業は毎日プリントを配られそれに沿って、曜日ごと重点を置いて勉強するというスタイルでゲーム形式で行うことも多く、クラスは約10〜15名で半数がブラジル国籍2割のアジア(日本、韓国)と1割のヨーロッパ系とロシアって感じでした。ダブリンの中心部からも近く、受付の男性スタッフは親切でした。毎週様々なアクティビティも充実しており学校、先生方は大変いいので国籍の偏りなど、教科書ではないので予習はできかねるなどはありますが総じていい学校です。お手洗いの数が少ないので授業終了時は込み合います。
(39歳・女性。2016年8月〜10月に8週間)

別ページの体験談を読む -->>

 

39歳女性・2016年8月〜10月

 

<各種料金 2020年>

=滞在先=

ホストファミリー宅

シティー・センター・アパートメント

=その他=

ダブリン市内で、学校手配以外のアパートをご希望の方は、別途ニチアイを通じてシェア・アパートメントの手配が可能です。詳細は、アパートメント のページをご覧下さい。

<コースと料金概要 2020年>

コース名 授業内容 授業数/週 授業時間 値段(EUR) クラス最高人数
一般英語コース(午前)  年間を通じて、毎週月曜開始で、最短1週間より随時入学可。初級〜上級まで。レベルにより、IELTS対策コースとケンブリッジ試験対策コース(FCE)も随時開講。  15 09:00〜12:20 165/1週
1152/8週
15
年間を通じて、毎週月曜開始で、最短1週間より随時入学可。初級〜上級まで。週15時間はレベルにより、IELTS対策コースとケンブリッジ試験対策コース(FCE)も随時開講。その場合、残り週5時間は一般英語を受講。  20 09:00〜13:30 200/1週
1400/8週
15
一般英語コース(午後)  年間を通じて、毎週月曜開始で、最短1週間より随時入学可。初級〜上級まで。レベルにより、IELTS対策コースとケンブリッジ試験対策コース(FCE)も随時開講。午前より値段の安い午後のコース。  15 13:45〜17:00 130/1週
912/8週
15
年間を通じて、毎週月曜開始で、最短1週間より随時入学可。初級〜上級まで。週15時間はレベルにより、IELTS対策コースとケンブリッジ試験対策コース(FCE)も随時開講。その場合、残り週5時間は一般英語を受講。午前より値段の安い午後のコース。   20 12:30〜17:00 150/1週
1048/8週
15
一般英語集中コース(午前+午後) 年間を通じて、毎週月曜開始で、最短1週間より随時入学可。初級〜上級まで。午前と午後の一般英語を両方受講するコース。 30 09:00〜17:00 255/1週
1784/8週
15

料金比較表
学校のウェブサイト(英語)
地区・学校名の目次に戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2020 Nichiai Ltd