留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--語学学校案内--サンディーコーヴスクールオヴイングリッシュ

サンディーコーヴ・スクール・オヴ・イングリッシュは、ダブリン南部の海沿いの高級住宅地にある小規模校です。

サンディーコーヴ・スクール・オヴ・イングリッシュ
Sandycove School of English
  旧名:ランゲージ・イン・ダブリン (former Language in Dublin)

政府認可校 +  アルバイト可能プログラムあり

<学校説明>

学校外観
入口を入った所の事務室
壁紙に凝った教室
おしゃれなコモンエリア

1977年に、アナリヴィア・スクールとして開校した、歴史のある学校ですが、2011年からランゲージ・イン・グループの一員として、ランゲージ・イン・ダブリンとなりました。そのグループ解消の2016年に再度変わり、今の校名となりました。もともとの学校名は、ジェームス・ジョイスが「Ulysses」の中で、ダブリンの街中に流れるリフィー川のことを「Annalivia」と詩的に名づけたことに由来されています。今の校名サンディーコーヴは、ダブリン南部の海辺の高級住宅地として知られた地名ですが、ジェームス・ジョイス・タワーがあることでも広く知られています。学校は、ダブリン・シティセンターから電車(DART)で約20分程の、静寂で歴史ある美しい港町として知られる、ダンレアリーに位置しています。校舎はジョージアンハウスで、学校は小規模で、とてもアットホーム。長年、ヨーロッパ人を主な対象に運営してきたため、日本人は少なめです。なお現在は、冬の閑散期を除き、授業時間が隔日で午前と午後の交互になる時間割が採用されています。

<訪問後の感想>

電車の最寄り駅まで徒歩5分ちょっと。静かな海辺の街から、大都会のシティセンターに簡単に出掛けられるのはよい気分転換になるでしょう。ホストファミリーも学校周辺の住宅地に点在しており、一部は徒歩圏内、電車やバスを利用しても20分程。 交通渋滞に巻き込まれませんから、シティセンター内の学校に通うような苦労はここにはありません。学校は小規模校で、クラス数も4〜5レベル。全校生徒が仲良くなれる環境にあります。最近リニューアルされた校内は、教室ごとに異なる壁紙など、デザイン的にもおしゃれで凝っていて、以前とイメージも一新していました。小規模校ですから、先生やスタッフとのフレンドリーな接触も望め、24時間のヘルプラインも設けられています。エクスカージョンも週に何回か催されています。

<留学体験者のコメント>

=その1=

 Annalivia はかなり小規模な学校でみんなフレンドリーです。日本人も全員で3人ほどしかおらず、集中して勉強するにはおすすめ、1クラスの人数は7月中旬に急に増えはじめ下旬には10人ぐらいになっていました。授業は午前中に2時限、違った先生が教えてくれます。主にテキストブックと毎日違ったゲーム感覚の授業をしました。分からない所は最後まで丁寧に教えてくれるので、いい学校だと思います。インターネットとコーヒーは自由ですが、パソコンは1台しかないので、いつも予約まちでした。学校が企画してくれるイベントは週二回ほどですが、city centre まで近いので毎日のように遊びに行くことができます。イベントは大規模校の方が充実しているみたいです。夏場はイタリアやスペインからティーンネイジャーが学校単位でアイルランドに来るため、ちょっと気が散ると思います。しかも英語をしゃべらず、自国の人同志で遊んだりしているので、がっかりさせられます。ホストファミリーは当たりはずれが大きいので、できれば、知りあいに紹介してもらうのが、一番いいと思います。
(22歳・男性。2004年7月に4週間)

=その2=

 この学校はダブリン市街からDARTで約20分ほどの海の目の前にあります。フラットの1部を利用している学校なので、とても小規模な学校でした。しかし、どのクラスも5・6人程度しか生徒はおらず、3・4クラスしかないため、家族のように皆顔見知りだし、学校側の対応も先生の対応も非常に温かかったです。ほぼ毎週金曜日はPUBで送別会が行われていたり、午後の授業の時は先生と放課後PUBに行ったりもしました。
 授業は2時間が2コマあるのですがそれぞれ異なる先生が受け持つので、バラエティに富んだ授業内容だったと思います。短期間の学生はテキストを購入せずに、先生が毎回プリントをくれます。また、人数が少ないので、きっちりしたプログラムに沿って授業が行われているというのではなく、生徒の要望で色々なことをしてくれました。
 ホストファミリーは学校から徒歩約30分程度でしたが、ダブリン市街までのDARTのWeekly ticketを持っていたので、DARTで学校へ行っていました。私の滞在先Killineyは生活レベルがよい地域だったらしく、夜一人で歩いても問題ありませんでした。ただ、ホストファミリーは親切なのですが、さほど馴染めなかったのでほとんど外出していました。
 総合的にこの学校は短期滞在の方にお勧めです。長期だと規模が小さすぎて生徒もほとんどいなくなってしまうと思います。また、全体的にダブリンの学校は中国人が増加しているそうですが、ここはある程度制限しているそうです。本当に小さな学校なだけに、事務の人の対応などはとても親身でした。
(21歳・女性。2004年8月〜9月に3週間)

=その3=

 小規模な学校な為、自分のクラス以外の生徒ともすぐに顔見知りになれ、先生方もアットホームな雰囲気でした。学校は海辺に近く、ダブリンまでもダートで気軽に出かけられる場所にあり、とても過ごしやすかったです。先生によってレッスンのスタイルは様々でしたが、どの授業も楽しく参加でき、あっという間に時間が過ぎてしまいました。アイルランドをはじめ、生徒それぞれの国の様子や歴史などを聞くことができ、とても興味深かったです。
 ステイ先は学校からダートで2駅ほどで、歩いて通学できる距離でもあり、お天気がよければステキな海辺の散歩道となりました。受け入れて下さった御家族もとても親切で、安心して過ごすことができました。2週間という短い滞在でしたが、充実した時間となりました。
(35歳・女性。2009年11月に2週間)


別ページの体験談を読む -->>

 

44歳女性・2017年5月

 

21歳女性・2017年1月〜2月

20歳女性・2016年2月〜3月

32歳女性・2012年10月

19歳女性・2007年9月

23歳女性・2006年1月〜2月


<各種料金 2017年>

=滞在先=

ホストファミリー宅

=コース登録料金または予約保証料金=

=その他=

ダブリン市内で、学校手配以外のアパートをご希望の方は、別途ニチアイを通じてシェア・アパートメントの手配が可能です。詳細は、アパートメント のページをご覧下さい。

<コースと料金概要 2017年>

コース名 授業内容 授業数/週 クラス最高人数 授業時間 値段/(EUR)
一般英語グループコース 毎月曜開始で、最短1週間より入学可。初級〜上級。5週間から期間に応じて割引あり。 15 15 9:00〜12:15
(月水金)
13:45〜17:00
(火木)
230/1週
1760/8週
一般英語集中グループコース 毎月曜開始で、最短1週間より入学可。初級〜上級。午後は特に会話を中心に学ぶ。5週間から期間に応じて割引あり。 20 15 9:00〜13:30
(月水金)
12:30〜17:00
(火木)
310/1週
1200/8週
一般英語+試験対策コース 毎月曜開始で、最短1週間より入学可。中上級〜上級。週20レッスンは一般英語グループコースで、週10レッスンはケンブリッジ試験FCE、CAEまたはIELTSの試験対策授業。4週間から期間に応じて割引あり。 20 15 9:00〜13:30
(月水金)
12:30〜17:00
(火木)
340/1週
2640/8週
ダブリン文化体験コース ダブリンの文化や歴史などを学ぶ実践コース。毎月第4月曜日に開始で1週間のみ、但し7〜8月は毎週月曜日開始。 15 15 9:00〜12:15
(月水金)
13:45〜17:00
(火木)
400

Nichiai Facebook リンク
料金比較表
学校のウェブサイト(英語)
地区・学校名の目次に戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd