留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--語学学校案内--リンガヴィヴァセンター

リンガヴィヴァセンターは、ダブリン有数の歴史のある、アットホームで家族経営の小規模校です。

リンガヴィヴァ・センター
Linguaviva Centre

政府認可校 +  アルバイト可能プログラムあり

<学校説明>

ジョージアンハウスの校舎
入口付近の雰囲気
定員12名の教室
地下室はくつろげる場所

まだダブリンに語学学校が少なかった1977年に創立された、老舗校の一つです。ダブリンの都心に近いビジネス街にあり、名物のジョージアン・ビルディングを校舎としています。10教室を持つ小規模・アットホームな学校です。 授業は一般英語が基本で、その他は希望者が集まるとビジネス英語コースやケンブリッジ試験コースを開講するという程度です。コースや滞在先のバリエーションもありませんが、基本的なサービスの質は高く、地味ながら高い評判を維持している学校です。 その居心地の良さもあって、かつては日本人がかなり多かったのですが、最近はそれほどでもありません。夏以外はクラスの平均人数も8人前後で、比較的少人数で勉強ができる学校です。

<訪問後の感想>

ダブリン中心部に近く、周辺にはカフェなどの店も多い一角にあり、長年引っ越しもしていないという、今やどちらかというと少数派の老舗校です。 小規模ゆえ、コースは一般英語が中心で、豊富さはありませんが、その中でレベル分けをきちんとし、学生をしっかりケアし、信頼できるホームステイ先を提供し、そして定期的にアクティビティーを実施。そういった当たり前のサービスを30年以上も地道に提供してきている学校だと言えます。 それ以上の際立った珍しいセールスポイントも、ユニークな個性もないのが、逆にこの学校の特徴だと言えるかもしれません。

<留学体験者のコメント>

=その1=

 最初は、とにかく日本人が1人もいないし、私自身まったく英会話の練習をしていなかったのですべてのことに戸惑いました。担任が、学校内でもかなり人気のある先生に当たったので、徐々に慣れていきました。2か月通うか、3カ月通うか、悩んだ末に、3カ月通うことにしたのですが、ちょうど2カ月たったくらいから授業に慣れてきて、英会話も楽しくなってきて、ほかのクラスの友達もできてきて、と、どんどん学校が好きになったので、時間や経済面で余裕がある方は、ぜひ3カ月以上通うことをおすすめします。
(25歳・女性。2011年5月〜7月に12週間)

=その2=

 この語学学校を選んでよかったと思います。スタッフや先生たちは皆フレンドリーでとても親切でした。授業以外のことでも快く相談にのってくれました。学校はきれいで、近くにキオスクやカフェ、郵便局などもあったので便利でした。学生は、イタリア・ドイツ・スペイン・サウジアラビア人が多かったような気がします。日本人は一番多いときで5人程度いましたが、クラスが違う人とはあまり会いませんでした。思っていたより年齢層が高く、二十代半ば〜三十代後半の人が多かったと思います。
 最初は先生が言うことが聞き取りきれなかったり単語がわからないことが多かったですが、その都度質問すれば分かるまで繰り返してくれたり説明してくれたりするので、困りませんでした。3月に入るといきなり生徒が増えて、どのクラスも満員だったようです。また、1週間ほど外国人のティーンエイジャーが団体で来ていた時があり、学校全体が混んでいて、少し騒がしかったです。定期的ににそういう団体が来るらしいです。
 授業内容は先生によって違いがありましたが、リーディング・リスニング・スピーキング・文法・単語のセクションがまんべんなく組み込んであり、生徒が発言しやすい授業だと思いました。ライティングについてはまとまった量を作文する機会は少なかったですが、私のクラスはレベルが低い方だったようなので、そのせいかもしれません。毎日宿題が出て、金曜日にはテストがありました。午後の授業は、午前の授業と内容は似ていましたが、混雑していた時期でも比較的少人数の授業でした。午後の授業も毎回宿題が出ました。
 午後の授業が終わる時間帯にはお店や博物館などは閉まってしまう所が多く、パブやレストランに行く以外はまっすぐ帰りました。ダブリンは、シティセンターから各都市へのバスや電車がたくさん出ていたので、週末に一泊旅行に行くのにはとても便利でした。市内バスも路線、本数が充実していてとても便利でした。また、なまりを心配していましたが、ダブリン滞在中は全く気になりませんでした。
 ホームステイ先は、語学学校からバスで20分程度の住宅街で、クラスメイトの中でも、その付近にステイしているという人が多かったです。そうじゃない人でも、バスかルアスで20分程度のところにステイしている人が多かったです。 帰りは、色んなところから空港へ行くバスがたくさん出ていたので、それを利用したので学校の送迎を利用するよりかなり安く済みました。(語学学校でステイ先の最寄りのバス停を教えてもらいました)
 ※交通費の学割について質問した時、短期では適応されないとのお返事をいただいたのですが、用事のついでに語学学校のスタッフに確認したところ、購入できるとのことだったのでStudent Travel Cardとバスの(休日にも使う予定で、元が取れると思ったので)学割のRumblerを購入しました(問題なく購入できました)。実際、小銭がぴったりなくてもバスに乗れたのでRumblerはとても便利でした。
(20歳・女性。2013年2月〜3月に4週間)

<各種料金 2017年>

=滞在先=

ホストファミリー宅

=その他=

ダブリン市内で、学校手配以外のアパートをご希望の方は、別途ニチアイを通じてシェア・アパートメントの手配が可能です。
詳細は、アパートメント のページをご覧下さい。


<コースと料金概要 2017年>

コース名 授業内容 授業数/週 クラス最高人数 授業時間 値段(EUR)
一般英語標準コース 年間を通じて、週の何曜日からでも入学可能で、最短1週間より週単位での受講が可。初級〜上級まで。 20 12 09:00〜13:00 220/1週
840/4週
一般英語集中コースA 年間を通じて、週の何曜日からでも入学可能で、最短1週間より週単位での受講が可。初級〜上級まで。午前は標準コースに同じで、午後は週2回。 26 12 09:00〜13:00 + 14:00〜17:00(週2回) 260/1週
1000/4週
一般英語集中コースB 年間を通じて、週の何曜日からでも入学可能で、最短1週間より週単位での受講が可。初級〜上級まで。午前は標準コースに同じで、午後はレベルにより変動するが、週3〜4回で10レッスンを消化する。 30 12 09:00〜13:00 + 14:00〜(週3〜4回) 300/1週
1140/4週
一般英語コンビネーションコース 年間を通じて、週の何曜日からでも入学可能で、最短1週間より週単位での受講が可。初級〜上級まで。午前は標準コースに同じで、午後は週2回6レッスンの一対一授業。 26 12/1 09:00〜13:00 + 14:00〜17:00(週2回) 450/1週
1750/4週

料金比較表
地区・学校名の目次に戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd