留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--語学学校案内--ゴールウェイカルチュラルインスティテュート

ゴールウェイカルチュラルインスティテュートは、ゴールウェイ最大で歴史もある学校で、海辺の環境の良い場所に立派な校舎があります。

ゴールウェイ・カルチュラル・インスティテュート の留学体験記
Galway Cultural Institute

政府認可校 + MEI加盟校 +  ILEPプログラム有

<留学体験者のコメント>

レセプション・エリア
海越しに見る学校全景
授業風景
アパートメントの一つ

以下は、ゴールウェイカルチュラルインスティテュートへ行かれた方の体験談を、新しいものから順に掲載しています。ゴールウェイカルチュラルインスティテュートの学校情報はこちら

=その11=

 学校の立地は海に近いこともあり眺めはよいです。建物も比較的新しい方だと思います。
 先生の質は様々ですが、試験コース等になると教え方の上手い先生が指導するとききました。私は general course だったのですが、先生は様々でした。初めの数週間は同じ先生でしかも楽しくわかりやすい感じでしたがその後毎週のように先生が change してとても受けづらかったです。夏に近づくにつれ生徒数がどんどん増え1クラスが15人くらいまで拡大したこともありました。様々な国籍の友人ができ楽しいのですがクラスの人数が多すぎるとやはり授業の質も落ちると思います。
 学校運営されているスタッフ、受付けのスタッフの対応が不十分だと感じることが多かったです。
(28歳・女性。2008年4月〜7月に12週間)

=その10=

 私はこの学校に11月の末から1ヶ月間通いました。割と大きな学校で、閑散期と言われていたにもかかわらずクリスマス前の最終週にも50人くらいの生徒がいました。ヨーロッパの若い人が多く特にスペイン人が多いと感じました。学校自体は、とてもしっかりとした組織と言う感じがしてスタッフの人達も程よく親切で居心地が良かったです。アコモデーションも週末、週中にも用意されていて自分の参加したいものに申し込む形式でした。私のときには、クリスマスパーティーがあり伝統的なクリスマスを味わう事ができたようです。(私は体調を崩し残念ながら参加できませんでした)授業も、文法と読む・話すにわかれて先生も違い、毎週金曜にはその週のまとめでテストが行われました。クラスには10人くらいの生徒がいて、人によっては多いと感じるかもしれませんが、私には程よい人数でした。グループワークで意見を交換しそれを発表したり、一人一人自分の国のことを話したり、役割を決めて簡単なロールプレーをみんなの前で行ったりもしました。授業の進め方としては、きちんとしていて結構学校の授業らしいと思います。私にはその進め方が合っていたようでテストも(そう言うと拒否反応を起こす方もいるでしょうか?)張り合いにもなり、また自分が理解できていないところを改めて確認できるので良いと思います。先生については、大きな学校ですので色々な方がいます。私は文法の先生がとても好きでした。アイリッシュの女性には珍しく(?)とても穏やかな印象の先生で教え方も上手でした。ただ、お酒のにおいをさせてくる先生や、机に足を乗せて授業を勧める先生など本当に色々みたいです。ただ、先生との相性は何処に行っても(日本でも)起こりうることなので特筆することではないと思いますが。
 要するに、何か問題が起きたり改善してほしい事がある時に自分で何をするか、と言う事が大切だと思います。そして、この学校ではその要求について話し合う事が出来るスタッフがいると思います。私はこの学校がとても好きでした。ただ一つ、学生の平均年齢が低いということが難点でしょうか・・・。(34歳の私にとっては)
(34歳・女性。2003年11月〜12月に4週間)

=その9=

 学校は町の中心部にあるので、通学にはとても便利でした。スタッフの人達もとても親切でホームステイファミリーに電話で様子を尋ねたり、週1回(水曜日)スタッフの人とのミーティングが設定されたりと、生徒のケアをしっかりしてくれていました。夏期だったせいもあるかもしれませんが、1クラスの上限の人数が12人なので会話をやるにはちょっと多いかもしれません。Advancedの先生は2人ともとても良い先生で、授業で多くのことを学ぶことができました。1週間の授業内容がSpeakingだけでなく、Listening,Reading,Writingとしっかり組まれていて、毎週エッセイを書いて先生に提出しました。それ以外でも書いた物の添削や自分でやった課題などもしっかりチェックしてくれました。午後の授業はレベルが混じっていたので、英語力という点では今1つのところもありましたが、ヨーロッパの人達との交流ができるという点では大いに役に立ちました。最大の問題点は文化コースが人数不足でキャンセルになってしまったこと。それを目的にこのスクールを選んだので、がっかりしました。(スタッフの対応は良かったのですが…)
(46歳・女性。2002年8月に2週間)

=その8=

 8月中旬から2週間この学校に通いました。私のクラスは、10人弱で、日本人は私1人だけでした。ペアになってする授業が多く、ヨーロピアンは、発言力がすごいので、自分から発言しようとしなければ、先生も特に気をつかって指名してくれるわけではないので、発言をしなかった私は、スピーキングはペアワークをした時だけでした。(自分が積極的じゃなかったのが悪い)2週目は自分のレベルに合ってないと判断して、レベルを下げました。その時の先生は、先生がよく話す人で、生徒が喋る時間よりもその先生が話す時間が多かった気がします。。
 この学校はアクティビティーがすごく充実してると思いました。 あと毎週水曜日にカウンセリング(必要があればいつでも。)ができる時間がもうけられていました。
 不便だった点は、学生が使えるパソコンが学校にない事です。週に1回だけ、無料でインターネットカフェで30分間使えるチケットは学校から支給されますが、結構パソコンを使いたかった私にとって、すごく不便でした。
 その時滞在していたホストファミリーは、居間でファミリーと一緒にテレビを見る事を許してもらえませんでした。(これは、私だけではなく、他にいた2人の留学生も一緒) ホストファミリーには恵まれませんでしたが、ハウスメイトには、恵まれて、(そのうち1人は部屋が一緒)夜遅くまで、 いろんな話をして楽しかったです。
(25歳・女性。2002年8月に2週間)

=その7=

 この学校は、大規模な学校で初めは少しとまどいました。スタッフは、全体的に親切で質問に答えてくれて良いのですが、先生はいい先生とあまり良いとは思えない先生がいると思います。先生は定期的にかわっていくとの話でしたが、私がいた6週間は時期があわなかったのか、ずっと同じ先生でした。どうしても気に入らなければ、スタッフに相談してクラスをかえてもらう事は可能だと思います。School activity の方は、人数が集まらなくて中止になることも数回あり、何回か参加した程度です。ただ授業は12:30に終わってしまい、午後は少し暇をもて余し気味であり、また午前のクラスではそれ程スピーキングのレッスンがなかったため、3週目から午後のクラスもとっていました。午後のクラスは先生もよくスピーキングも多かったため、自分的に満足しています。
(29歳・女性。2002年5月〜6月に6週間)

=その6=

 私はこの学校が最初だったので、他と比較することはありませんでしたが、ここはGalwayで一番の大規模校だと聞きました。そのため、アットホームさはそこまでは感じられませんが、クラス分けもきちんとされていて、相談すればいろいろと助けてくれました。生徒数が多い分、いろんな国の人と会えて(スイスジャーマンが圧倒的に多かった)積極的になれば、友達はたくさんできます。また、先生によってクラスの雰囲気やレベルが違うので、これは運次第です。私は午後のクラスで先生も含めみんなと仲良くなれたので、特に最初は頑張って午後の授業を取ることをおすすめします。ステイ先も夕食の時間が早いこと以外はすべて満足で、ステイフレンドもいい子でした(慣れるまでは確かに時間がかかりましたが)。個人的にはこの学校を選んで正解だったと実感しています!
(27歳・女性。2002年4月〜6月に13週間)

=その5=

 2月の閑散期に3週間受講しました。ちょうどこの時期にスペシャルオファーとして、授業料の特別割引をしていたため、閑散期にしては多くの学生で賑わっていたそうです。国籍は、スウェーデン・スペイン・スイスからの人たちが多く、日本人もそれなりの人数がいたと思いました。
 ゴールウェイという街は、大学が多く、そのため数万人の学生が住んでいる街です。従って、街の中は若い人であふれ、良い言い方をすれば活気があります。良いパブもたくさんあり、毎日活気があり、楽しいです。しかし、悪い言い方をすれば、落ち着きのない街です。また、天候もあまり良くなく、この語学学校の先生が言うには、「住むには不適な街」とのことです。
 肝心の授業の方は、ほとんどの時間が「読み書き」に費やされ、「話す」時間はごくごくわずかです。また、授業のシステムも非効率的です。毎週ある決められたテーマ(例えば「マスコミについて/受動態」)に沿って授業が行われるのですが、1週間同じテーマでやるより、英会話の基礎的な技術を伸ばすような授業の方が良いかと思いました。あるテーマに沿っての授業は、そのテーマに関する語彙や英語での思考力が向上しとても面白いのですが、語学習得という観点に立てば、私はお薦めできない学校です。つまり、普通なら数日間程度で終わると思われるものでも、1週間じっくり時間をかけて飽きるまでやります。しかし、それがとても役に立っているかと言われると、そうだとも言えません。
 ホストファミリーは、とてもフレンドリーで、自由気ままに過ごせて、とてもリラックスできました。ゴールウェイなまりがやや強かったですが、それはそれで英語の良い勉強になりました。
(22歳・男性。2002年2月〜3月に3週間)

=その4=

 1997年の7月から12月までの半年間に通っていたのでリピーターです。
 G.C.I.はカリキュラムなどがきちんとした学校で毎週金曜日にテストがあったりするのでしっかり勉強したい人にはおすすめです。アクティビティ(パーティ、小旅行、テーブルクイズetc)やビデオ上映なども週に2、3回ありスタッフもフレンドリーです。ただ問題は先生の当たり外れがかなりあり人気のある先生に当たるかそうでない先生に当たるかで授業に対する印象は大きく異なると思います。中には「この先生は人間性に問題が...」という先生もいました。生徒の中には結構苦情を言っている人がいてスタッフもできるだけ生徒の希望に添うように努力をしてくれているように思いました。
 日本人の数は少なくもなく多くもありませんがそれは自分次第だと思います。日本人同士でも英語を話している人は多いです。その他の国籍は中国人、スウェーデン人、スイスジャーマンが多かったです。
 またカリキュラムはテーマが週毎に替わり(eg)今週は HEALTH、文法はMODAL VERBS など)13週間で一周するのでレベルが上がっていけば問題はありませんが、例えば Advanced クラスだとそれより上のクラスがないので13週間以上いると全く同じことをもう一度...ということになります。申し込みをする時はまず長くても3ヵ月、というのが良いと思います。
(25歳・女性。2001年9月〜2002年2月に18週間)

=その3=

 学校の授業はしっかりしていて、勉強するには良い学校だと思います。規模はさほど大きくもありませんが、冬場も長期滞在者も多く、生徒はある程度いるので、自分のクラスがなくなったりすることはありませんでした。しかし、校舎がふたつあり、生徒が集まるような部屋などがないので交流するのが難しいと感じました。スタッフの方は親切ですしアットホームのような、でもそうでもないようなそういう感じがします。
 ゴールウエイには一度旅行に来て、街の雰囲気とパブのフレンドリーさが気に入って決めましたが、しばらく住んでみると慣れてしまったのか、特にフレンドリーさというのは感じなくなりました。ほかの街に行った方が感じられるのかもしれません。小さい街に住んでみたかったのですが、滞在の最後の方は飽きてしまいました。ホストファミリーが安全な街だと言い張っていましたが、そのとおり特に周囲も自分も危険な事も聞かず治安の面では安心できると思います。ダブリンに比べるとやはり冬場は寒かったですが、覚悟していた程ではありませんでした。
 贅沢かもしれませんが、ステイ先の食事には不満が残りました。レンジやオーブンで暖めるだけの食事がほとんどで楽しみがなかったです。ステイ先を変えようかと思いましたが、アイルランドではそのような料理は手抜き料理ではなく通常のものだということで、変えても同じ状況の可能性もあったありステイ先の人柄は問題なかったのでそのままいました。日本の食文化とは違うと実感しました。
(25歳・女性。2001年10月〜12月に10週間)

=その2=

 私は夏の二ヶ月間ここで学びました。前半はジュニアスクールのほうにいたのですがやはりスペインやイタリアの子ども達はホリディ気分があまりに強く,友達を作るのには最適なのですが,勉強となるとどうしても集中することが難しかったです。ただ,ゴールウェイのまわりにはアイルランド屈指の観光名所がたくさんあり週一で行われるエクスカーションは凄く充実していました。アダルトスクールのほうもやはりスペイン,イタリアの方々が大勢いらっしゃったのですが,こちらはジュニアのほうとは違いむしろリダ−シップを発揮して授業を盛り上げることがうまく、授業後にパブへいこうと話を進めるのはいつも彼らでした。先生方も個性的で興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。ホストファミリーとは時間がかかったにせよ素晴らしい関係を築き上げることができ,本当に良かったと思います。週末には数々の有名なお祭りにもつれて行っていただきました。ただひとつ問題だったのは,ホストファミリーのお宅から学校までバスで三十分ほどかかるにもかかわらず(しかもバスはけして時間通りには来ない)授業の開始が8時だったということです。何度も遅刻していまいなんだか勿体無いような気がしました。ゴールウェイの街自体は本当に美しく2ヶ月の間一度も飽きがきませんでした。
 学校で働いていた日本人の方は,本当に失礼で(他の人に対してはそうでもなかったようですが,)彼のせいで何度も学校へ行くのがいやになりました。私が子どもであるというのが理由なのでしょうか?初対面の時でさえ,貴様呼ばわりされ,事有る毎に問題児,落ちこぼれと呼ばれ,時には私の外見に関してまで様々なことを言われました。ホストファミリーはとても可愛がってくれましたし,ゴールウェイも大好きなので機会があればもう一度訪れたいと思っていますが,彼がいるかぎりこの学校は選ばないでしょう。
(17歳・女性。2001年7月〜8月に9週間)

=その1=

 カルチュラルはゴールウェイのなかで比較的大きい学校なので、クラスのレベルが自分に合いやすいというのはあります。日本人もそれなりには多いですが、他の国の生徒とも知り合う機会が多いので、自分でその機会を上手く使うと英語上達にはとても良いと思います。
 クラスのレベルが一緒くらいの生徒がたくさんいると、自分でももっと会話をしようと努力するので、伝えたい言葉を覚えることで自分の英語の知識を増やすことができたと思います。私が通った時期は、スイス、中国、日本が圧倒的に生徒数を占めていました。スイス人は日本人と気が合いやすいらしく、私はここに通っている間にスイス人の友達がたくさん出来ました。
 学校にはたくさんの生徒と先生がいます。いい先生に出会うには運があると思います。カルチュラルの先生はとてもフレンドリーで、週に1回か2回のエクスカーションに先生が引率できてくれるのですが、そういった機会に参加することで習っていないクラスの生徒でも名前を覚えてくれて学校でも気にかけてくれたりしました。
 2週間だけ午後の授業を取ったのですが、これはこれでいろんなレベルがミックスしておもしろっかし良い経験になりました。自分より上のレベルの人と話す機会ができて、いろんな話しを聞く機会になりました。ただ私の友達は違う時期に午後の授業を受けた人がいたのですが、難しすぎてグループからプライベートに変更した人がいました。ただその変更もサマーコースになると人が増えていますので変更は厳しくなると思います。相談にはどの先生も親身になってくれたので、小さすぎるとカバーできない部分をこの学校では補えるとおもいます。
(26歳・女性。2001年5月〜6月に8週間)

別ページの体験談を読む -->>

 

23歳男性・2016年6月〜11月

 

20歳女性・2011年2月〜3月

30歳男性・2008年12月〜2009年3月

25歳女性・2007年9月〜12月

32歳女性・2006年1月〜5月

30歳女性・2005年6月〜10月

20歳女性・2005年7月〜8月

22歳女性・2005年3月〜6月

39歳女性・2005年4月〜5月

26歳男性・2002年10月〜2003年4月

24歳女性・2002年9月〜12月

24歳女性・2002年4月〜8月

40歳女性・2001年6月

ゴールウェイカルチュラルインスティテュートの学校情報へ


料金比較表
学校のウェブサイト(英語)
地区・学校名の目次に戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd